新宿加藤鍼灸院は多くの実績で不妊を解消!東京はもちろん東京以外のへのオリジナル漢方薬の配送も承ります。東京および東京近郊の方は、是非治療院にて不妊鍼、不妊整骨をお受けください!

子宮筋腫とは

子宮筋腫は、子宮の筋肉から発生した腫瘍で、カプセルに包まれたような形をしている 良性の腫瘍です。 成人女性の20~30%三十は子宮筋腫を持っていると言われており、特に珍しい病気ではありません。 主に30~40歳代の女性に起こるのが特徴的で、筋腫の大きさや個数は人それぞれ異なります。 厚生労働省の調査によれば、40代の女性の4人に1人が子宮筋腫を持っているといわれ、 注意が必要です。 原因ははっきりしていませんが、血行不良の影響で筋腫が発育すると考えられています。 子宮筋腫の種類は、子宮のどこに筋腫ができるかによって分類されます。 子宮筋腫の5~10%・・・粘膜下子宮筋腫 子宮の内側の粘膜下にできる筋腫です。 子宮筋腫の10~20%・・・漿膜下子宮筋腫 子宮の外側を覆う漿膜下にできる筋腫です。 子宮筋腫の70%・・・筋層内子宮筋腫 子宮の厚い筋層にできる筋腫です。 子宮筋腫の一般的な症状で多いのは、月経時に出てくる症状です。 たとえば、月経期間が長くなったり、月経出血量が多くなったり、不正性器出血が頻繁に 起きたりするほか、月経時に強い月経痛が起きたりします。 子宮筋腫治療で漢方が使えるのは、筋腫の場所や大きさによっても違います。 たとえば、ニワトリの卵大位までの筋腫であれば、漢方治療で全快することも可能です。 もっと大きいケースでも、漢方薬の力で小さくしていくことはできます。 とはいえ、どんなケースであっても、アフターケアが大切です。筋腫が発生しやすい体質 を変えるために、全快後も漢方をやめないようにすべきなのです。 子宮筋腫は単純な病気ではなく、複数のタイプの筋腫がある場合や子宮内膜症を伴うこと がよくあります。 漢方で子宮筋腫治療を行う場合は、個々の体質なども考慮しなければなりません。 また、一種類の漢方薬だけを使用するわけではないので、相談してください。

 

東京都新宿区西新宿8-5-3 TEL 03−5338−2155 午前 10:00~19:00
休日:日・祝・祭

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 新宿加藤鍼灸院 All Rights Reserved.