新宿加藤鍼灸院は多くの実績で不妊を解消!東京はもちろん東京以外のへのオリジナル漢方薬の配送も承ります。東京および東京近郊の方は、是非治療院にて不妊鍼、不妊整骨をお受けください!

卵巣チョコレート嚢胞とは

本来、子宮内にできるはずの子宮内膜症が卵巣にでき、卵巣の中に血液がたまる病気です。 生理のたびに増殖と剥離を繰り返すため卵巣の中に血液がたまります。 古くなった血液が、チョコレートを溶かしたように見えるので、『卵巣チョコレート嚢胞』 と呼ばれています。
この病気があると卵胞(卵子を包んでいる袋)の成熟を妨げ卵管(卵巣から子宮に卵子が 通過する管)に癒着が起こったりするため、卵管がつまってしまい、受精がうまくいかず に妊娠しにくくなり、不妊の原因になることがあります。

初期のころは症状がほとんど現れないのですが、病状がすすむに連れ 寝込んでしまうほど生理痛がひどくなり腫れた卵巣が他の臓器を圧迫して癒着が起こると 腹痛や下腹部痛、排便痛、性交痛を感じることもあります。 
卵巣チョコレート嚢胞がまだ初期の段階(経過観察中)では、漢方薬を使ってかなり 自覚症状や卵巣の腫れが良くなった方がいらっしゃいます。 しかし、卵巣チョコレート嚢胞で漢方相談にいらっしゃる患者さんの約半分くらいは、 かつて一方の卵巣を手術によって切除され、その後また残った卵巣にのう腫が再発した ために漢方相談に見える方です。

もちろん再発してもまだ再発初期ならば漢方薬で改善される可能性はありますし、 なんとか残った卵巣が助かって妊娠されたケースもあります。 しかし、手術を勧められてからもしばらくためらい長い時間が経過し、卵巣嚢腫がかなり 大きくなってからではかなり危険性が大きくなっています。 まずは危険な状態を回避しその後の予後と再発防止に漢方薬をお役立ていただくよう お願いする場合もあります。 どんな病気もそうですが、できるだけ早く根本的な治療をされた方がいいのは同様です。

東京都新宿区西新宿8-5-3 TEL 03−5338−2155 午前 10:00~19:00
休日:日・祝・祭

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 新宿加藤鍼灸院 All Rights Reserved.